妹思いの兄、清太

火垂るの墓とは、戦時中の2人の兄妹を描いたジブリ映画です。 主人公は清太という名前の14歳の少年です。父親が連合艦隊で出撃している間に、空襲で母と家とを失い、4歳の妹節子と共に親戚の家に引き取られます。しかし、食事に差をつけられるなど不当な扱いを受け続けたことで、清太は節子を連れてその家を出ます。そして防空壕の中で、2人だけでの生活を始めるのです。

しかし食糧を十分に手に入れることができず、しかも不衛生な中での生活なので、節子は栄養失調からどんどん弱っていきます。飢えている上に意識も朦朧とし始め、ドロップと思い込んでおはじきを舐めるようにもなります。

やがて節子は力尽き、清太は1人で火葬をし、節子が持っていたドロップの缶に遺骨を入れて放浪します。清太もやはり栄養失調の状態で、なおかつそれまでの数々の辛い体験から力を失っていき、ついに駅でうずくまったまま命を失うのです。

戦争の悲惨さ、そしてその中でも健気に生きる兄妹の姿が胸を打つということから、火垂るの墓はジブリ映画の中でも特に高い人気があります。

Copyright(c) 2016   戦争時代を描いたジブリ映画の火垂るの墓とは   All Rights Reserved.